2008年01月26日

オレンジ水晶 (タンジェリン・クオーツ)1

オレンジ水晶 (タンジェリン・クオーツ) もしくはタンジェリンといわれる石。

タンジェとはブラジル語で「みかん」という意味で名前の語源となっています。

水晶原石の周辺にヘマタイト(赤鉄鉱)があったためにその色素が結晶表面に

付着した、また。ヘマタイトの鉄分である酸化鉄が付着して、綺麗なオレンジ色に

なったものをタンジェリンと呼んでいます。オレンジ色が濃いめの石がやはり人気です。


オレンジ水晶のクラスターは、瞑想や部屋の浄化、精神バランスをとる効果に優れていると

いわれています。また、指輪、ペンダントトップなどに加工したものも美しい魅力がありますね。


同じカテゴリー(オレンジ水晶(タンジェリン))の記事
 オレンジ水晶 (タンジェリン・クオーツ)2 (2008-02-11 00:30)


削除
オレンジ水晶 (タンジェリン・クオーツ)1